本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和3年3月 苺アイスの寄贈 

(株)スパル建設 様より、苺アイスの寄贈をしていただきました  
自家製の苺をふんだんに使用されていて、果汁たっぷりの作り立てアイス。
早速、みなさんと一緒に美味しくいただいております  

(株)スパル建設 様、毎年のご寄贈ありがとうございます。

令和2年12月10日(木) あったかお風呂で心も体もポカポカ(恵望園デイサービスセンター) 

12月、季節はすっかり冬本番。
幸いにも根雪はまだですが、日中も冷え込むようになりました。
 
こんな時は、お風呂に入って体の芯まで温めたいものです。
 
恵望園デイサービスセンターには大きな浴室があります。
段差なくスムーズに入れる浴槽、随所に配置された手すり等の設備に加え
スタッフが見守りし、お客様が安心・安全にお風呂を楽しめるように工夫されています。
 
恵望園のお風呂のオススメは安全なことだけではありません。
広く設けられた天窓からたっぷりの陽光が差し、日光浴気分も楽しめます。
 
浴室内の窓を開ければ、夏は色とりどりの花や新緑あふれる木々
冬は深々と降る雪に包まれる庭を眺めることができます。
 
岩を模った吹き出し口からは、滝の様に湯が流れ見た目でも楽しんで頂けます。
お客様からは「まるで温泉みたいで良いね」「足を伸ばせるから嬉しい」等の声も・・。
 
 
また、先月リフト浴用の設備も更新致しました。
 
歩いて湯船まで移動するのは・・というお客様でも安心
座ったままゆっくりと全身温まることができます。
 
ある調査では、毎日浴槽に浸かっている人の割合は日本人の2人に1人という結果が出たそうです。
(ちなみにアメリカでは10人に1人とのこと。)
 
恵望園デイサービスセンターでは、そんなお風呂好きの皆さんが安全に、
そして安心してお風呂を楽しむことができるような環境を整えております。
ぜひ一度お試し頂ければと思います。
 
来週は天気が崩れるとの予報もあるようです。
ますます温かいお風呂が恋しくなる季節となりそうですね。
 
※浴槽に浸かっている人の割合調査については、
東京ガス 都市生活研究所 都市研コラムより引用しました。

令和2年11月10日(火)~11月15日(日) 恵庭通所サービス合同作品展 出展(恵望園デイサービスセンター)

施設内での作品展と並行して、恵み野にある恵庭市立図書館で
市内13ヵ所のデイサービス・デイケアをご利用している
お客様が製作した作品を展示するイベントが行われました。
 
これは恵庭市通所サービス連携協会の主催で行われ、
事業所同士の交流とお客様の自立支援を促す事を目的としたものです。
 
恵望園デイサービスセンターでは、野菜収穫や日中活動の様子をまとめたパネルと
お客様に作って頂いた貼り絵の2点を出展致しました。
 
より多くの方々に各事業所について知って頂き
その活動等について理解を深めて頂く事ができたと感じております。
 
コロナ禍の状況ではありますが、日々の恵望園の出来事や活動内容等
について、当ブログでもお伝えできればと考えております。
 
令和2年もあと1ヶ月。冷え込みも厳しくなってまいりました。
皆様におかれましても、ご自愛頂ければと思います。

令和2年11月6日(金) 活動報告(恵望園デイサービスセンター)

会場全体
展示①
塗り絵
展示②
手作りの人形
和紙人形
靴下カバー
パッチワークキルト
羽子板
お客様も楽しまれてます
気が付くと令和2年も残りわずかとなりました。
今年は新型コロナウィルス感染症の影響により、外出行事や
施設内の活動の多くを自粛させて頂きました。
 
そういった活動を報告する当ブログの更新もしばらくお休みさせて頂いておりました。

さて、恵望園デイサービスセンターでは昨年に引き続き
お客様にご自宅等で制作した作品を持ち寄って頂き
作品展を開催致しました。
 
今年は自宅で過ごす時間も多く、集まったものは力作揃い。
展示の様子は写真をご覧ください。

展示会は11月一杯で終了しましたが、日中活動の時間に
展示してある作品を眺める方。作品に刺激を受けて製作者に作り方を教わる方
等々、皆さんに楽しんで頂く事ができました。
 
余談ですが、職員も作品を展示させて頂きました。
多くの方から感想を頂き、作った作品を見てもらう事の喜びを感じました。
次の作品への製作意欲も湧いてくる・・そんな作品展となりました。

令和2年4月22日(水) キッチンペーパーで手作りマスク(恵望園デイサービスセンター)

必要な材料
完成したマスク
着用例です
型取り作業
手指の消毒をした上で作業に取り組んでいます
裁断作業
接着作業
接着漏れがないか最終確認
恵望園デイサービスセンターでは、新型コロナウィルス感染症の感染予防の為
ご利用の際、お客様にマスクの着用をお願いしております。
一方で、全国的にマスクの品薄状態が続き、必要数を確保する事が困難な状況でもあります。
 
そこで、お客様に協力して頂き手作りマスクを作成しております。
 
型紙に合わせキッチンペーパーを切り、未使用のタイツを利用したゴム紐を接着したものです。
慣れるとひとつ数分で作成する事ができます。
 
また、他部署の皆様の協力も頂き、使用済みマスクのゴム紐部分を洗浄・消毒した上で再利用しています。
完成したものは、マスクをお持ちでないお客様に提供しております。
 
お客様が継続してサービスを利用して頂けるよう
恵望園デイサービスセンター職員一同鋭意努力して参ります。
皆様のご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。
TOPへ戻る