自分が、あるいは家族が老後を迎えたとき、誰もが願うこと・・・「最後まで自分らしくあること」この願いをはばみ、深刻な社会問題にもなっている「認知症」。
 認知症を理解し、応援する「認知症サポーター」になりませんか。

認知症サポーターとは

 認知症サポーター養成講座で認知症について学び、正しい知識を持って、認知症の方やそのご家族の方たちを温かく見守り、支える人のことをいいます。

認知症サポーターになるためには

 認知症について学ぶ講座である認知症サポーター養成講座を受講していただきます。
終了後にはサポーターの証としてオレンジリングをお渡しします。

講座はどのようなことをするの?

 認知症に関する基礎知識の紹介、認知症の人やその家族への支援のあり方等や、認知症サポーターができること等について、テキストやビデオ、寸劇等で分かりやすく説明します。
 講座の所要時間は約1時間30分です。

講座の申し込みは?

各町内会、サロン、老人クラブ、ボランティア団体、会社、学校などでお申込み下さい。
 
  恵庭市ひがし地域包括支援センター
  ☎ 0123-35-1071